I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)

BD-1を週末に乗りこなし中!今は販売されていないBD-1ストレートフレームを愛用しています。 BD-1でのサイクリング情報、その他、折り畳み自転車の販売店、パーツ、輪行の記録などを紹介します。
I LOVE BD-1(折りたたみ自転車) TOP  >  その他
<advertisement>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これは欲しい!2013年 BMC timemachine TMR01!!

折りたたみ自転車と全く関係ないですが、久しぶりに欲しいと思ったロードバイクが見つかりました。

BMCのtimemachine TMR01です。

タイムトライアルバイクのテクノロジーを採用し、BMCが放つ渾身のエアロロードバイク。

至る所にエアロ効果を狙った加工が施されています。

tmr01_teamred_duraace_di2.jpg

詳しくはシクロワイアードにインプレッションが載っているので、それを参照頂きたいですが、側面から見たゴツさとは対照的に正面から見た細さは空気抵抗低減を狙ったもの。

また、ブレーキも通常のロードバイクとは違い、前輪はフォーク内蔵、後輪はBB付近に設置されています。

シートポストもオリジナルで、側面から見ると幅広で存在感があります。

特に、フレームがホリゾンタルっぽい所が個人的には好きです。最近のロードバイクはどれもスローピングフレームになってしまって、見た目があまり好きではありません。

スローピングはスローピングの良さがあるのは知っていますが、見た目もこだわりたい自分にとってはイマイチ触手が伸びませんが、このBMCはツボにハマるスタイルですね。

Dura Ace Di2 1,018,500円
Ultegra Di2 630,000円
Ultegra  462,000円
Frame set 399,000円

アルテグラで組んでもらうのが予算的には合いますが、フレームセットを買って自分好みのパーツで組んでもらうのでもいい気がします。

資金集めがこれからの課題になりますが・・

BMC timemachine TMR01 空力性能を高めた最先端エアロロードバイク

BMC販社のウェブサイト


『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2013/02/05 00:43 ] その他 | TB(0) | CM(0)

【GOLITE/ゴーライト】 JAM(ジャム) 70

今年のスイス・サイクリングの旅もまだ全てアップできていない状況ですが、できるだけ早く全てアップしたいと思っています。

年末年始の休暇中に全て更新したいというのが希望ですが、ひょっとすると間に合わず長引くかもしれません。

地道に更新していきます。


さて、そんなスイス旅行で使ったリュックサックを今日はご紹介します。

できるだけ荷物を軽くして行きたかったので、リュックもできるだけ軽量の物を選びました。

選んだのは【GOLITE/ゴーライト】 JAM(ジャム) 70

GoLite_JAM70_0187.jpg


最近、できるだけ荷物を軽くして何日間、いや何十日間もハイキングするという、ウルトラライトハイキングというのが流行っているのですが、ウルトラライトハイキングを実践されている方のショップ「ハイカーズデポ」でも取り扱っているリュックです。

ハイカーズデポのオーナー、土屋智哉さんはウルトラライトハイキングの本を出してたり、結構有名な方です。




GoLiteというのはウルトラライト関係のアイテムを作っているメーカーで、その中でも人気なのがこのJAMシリーズ。

GoLite_JAM70_0192.jpg

GoLite_JAM70_0190.jpg

70というのは70リットル入るという意味です。

70リットルクラスで、重量は900g弱。このクラスのリュックでは大抵のメーカは1.5キロ程の重さになってしまうので、それを考えると500g以上軽量化をすることができます。これは大きい。

実際旅で使ってみての感想ですが、軽量なリュックにも関わらず背負い心地はそれ程悪くなく、寧ろ体にフィットする感じは結構良かったです。

大きいリュックって、普通だとデフォルトで高さがあるので、ヘルメットの後ろとリュックが当ってしまうことがよくあるのですが、このリュックはそれ程、荷物を一杯一杯に詰め込まない限り高さを抑える事ができるのでヘルメットにも当たらず快適でした。

その分横と奥行きが膨れてしまうので見た目は結構不恰好になってしまいますが、快適さと格好良さを天秤にかけると快適さを今回は選択しました。

上の写真ではそれ程大きなリュックに見えないかもしれませんが、実際結構荷物は入ります。中に仕切りはあまりないのですが、スタッフバッグに入れて荷物を分ければ問題ないので逆にコイツで正解だったと思っています。

サイズは70以外にも35と50がありますが、大は小を兼ねると言う事で70が良いかと思います。

詳しいリュックの説明は、ハイカーズデポさんのウェブサイトが詳しいです。

GoLite Jam 70/ゴーライト ジャム70




『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓
[ 2012/12/08 17:41 ] その他 | TB(0) | CM(0)

bazooka(バズーカ)のポータブルペダルレンチ

スイスへ輪行した時にペダルレンチを持っていきました。

飛行機に載せたと航空会社(SAS)に事前に伝えた際に、ペダルは外して欲しい旨聞いていたからです。

持っていったのはBazooka(バズーカ)という台湾ブランドの携帯ペダルレンチ。

bazooka_pedal_wrench_0179.jpg

bazooka_pedal_wrench_0221.jpg

既にペダルレンチは持っていたのですが、かなり大きめで重量もかなりあり、さすがにそれを持っていくのは辛かろうと言う事で急遽購入。

台湾製ということで少々不安でしたが、届いて使ってみると全く問題なし。

ただ、小さいのでチカラを入れづらいので、事前にある程度ペダルを緩めておく必要があります。

ちなみに、空港では結局行き帰りともペダルを外せとは言われませんでした。




『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓
[ 2012/11/21 23:51 ] その他 | TB(0) | CM(0)

セキサイダー用ゴムひも

スイスBD-1旅行に向けて着々と準備を進めています。

コースは決定し、後は必要なアイテムを揃えている所。

セキサイダーもスイスBD-1旅行のために装着しました。セキサイダーに普段荷物を載せて使わないので今は邪魔と言えば邪魔ですが、容易に取り外しができないので仕方がないです。

さて、

セキサイダーに載せた荷物を固定するためのゴムひも(elastic code)を探していたんですが、こういうゴムひもって高校生の時のジテツウ以来の事なので、当然持っておらず新しく購入しました。

街の自転車屋さんに売ってそうですが、どうも入りづらいのでネットで探しました。

あまり見当たりませんでしたが、アマゾンでサギサカのゴムひもを見つけ購入。色使いは相当ダサイですが、仕方なし。

elastic_cord_0205.jpg

早速届いたので使ってみると適度に弾力性もあり強度もしっかりしていてばっちりな感じです。それにしてもこの色使いはどうだか。。。



他のメーカのゴムひももあるみたいです。









『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします↓↓↓
[ 2012/08/26 00:27 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ホグロフス ・モバイルポーチ

最近では防水タイプのスマートフォンも出てきつつありますが、まだまだ対応機種は少ないです。

スマホをバイクジャージの背中ポケットに入れていた場合、汗や突然の雨などで濡れてしまうのが心配で、今はジップロックに入れていますが、ホグロフスからスマートフォンや携帯電話を入れておけるモバイルポーチが出ていますね。



"WATATAIT"シリーズ

ケースに入れたままでも電話をかけられるみたいです。水中に落としても浮かび上がるので、海や川での使用も想定されてます。

重 量:25g
カラー:MANDARIN / CHARCOAL


『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします↓↓↓
[ 2012/05/20 22:46 ] その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

crow

Author:crow
主に都内、そして関東近郊・武甲州をBD-1でサイクリングしています。

2010年から旅行先まで電車・飛行機でBD-1を輪行して、旅先でポタリングもしています。

ヒルクライム(峠超え)もBD-1で楽しんでます。

2012年は遂に海外デビュー。これからも海外BD-1の旅を続けます。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。