I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)

BD-1を週末に乗りこなし中!今は販売されていないBD-1ストレートフレームを愛用しています。 BD-1でのサイクリング情報、その他、折り畳み自転車の販売店、パーツ、輪行の記録などを紹介します。
I LOVE BD-1(折りたたみ自転車) TOP  >  サイクルロードレース
<advertisement>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さいたまクリテリウムby ツール・ド・フランス2013

先週末さいたま新都心で開催された「さいたまクリテリウム by ツール・ド・フランス2013」に行ってきました。

今年ツールを制したフルームや世界選手権を制したルイ・コスタ、最強スプリンターのキッテル、などなど今まで日本では見られなかった有力選手達がやって来るということで見てきました。

14時前に会場に到着しましたが、現場は既に大勢の観客が2重、3重の垣根を作っていて後ろから見ざるを得ない状況。

ゴールから遠く離れた所まで行ってみても人が少なくなる気配は無し。諦めて観戦ポイントとして良さそうな場所で人垣の後ろから観ることにしました。

最初は選手半分ずつに分かれてのポイントレースでしたが、その中で目の前でガッシャーンという音がしたと思ったら選手が落車。。。

落車したのは明治大学の学生さんのようでした。

Cerveloのバイクのフレームが真っ二つに割れ、ホイールがかなり曲がっていた事からも、もの凄い衝撃で柵にぶつかったのだと思います。

saitama_criterium_44.jpg

ポイントレースの合間。新城幸也が目の前を通り抜けていきました。
saitama_criterium_55.jpg

ルイコスタとバルベルデ、その他プロツアー選手達。
saitama_criterium_62.jpg

フルームとサガンが談笑。
saitama_criterium_48.jpg

みんな談笑しながら1周目。
saitama_criterium_71.jpg

既にご存知の通り、フルームが優勝です。

最後マイヨ・ジョーヌ、マイヨ・ヴェール、レインボージャージの三者揃い踏みで飛びだしたのは、J-sportsを後で見ると何だか不自然でしたが、エキシビションなのでよしとしましょう。これに勝ったからといって何のポイントも付きませんし、ここで勝ちにいくメリットはあまり無いでしょう。

有名選手をこんなに間近で何十回も目の前を通り過ぎるのを観る、というのは本場ヨーロッパでもなかなか観ることは出来ないと思うので、今回のクリテリウムは貴重な体験でした。

今回、悪天候が予想されていたにも関わらず大勢の観客が詰めかけたので、来年も開催するのであれば、コース一周の距離をもう少し広げるか、観客が観れるスペースを増やして欲しいです。有料で観れるシートをもう少し作っても良かったのではないでしょうか。

さいたまで見せつけた王者の威厳 マイヨジョーヌのフルームが独走勝利


『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓
スポンサーサイト

Elite Men Individual Time Trial LIVE - 2013 UCI Road World Championship

今日はUCI世界選手権個人TTの日。

Youtubeでライブ放送をしています。

事前情報ではウィギンス、カンチェラーラ、マルティンの三つ巴の争いが予想されていましたが、まさに現在暫定トップはマルティン、2位がカンチェラーラ、3位がウィギンスとなっています。

マルティンとカンチェラーラはGPSタイムで16秒差となっていますが、この先20kmで逆転なるか??

マルティンは重めのギヤをケイデンス低めで漕いでますが、カンチェラーラは軽めのギヤでケイデンスはかなり高め。




『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓

ツール・ド・フランス2013 雑感

ツール・ド・フランス2013は昨日、ステージ20を終え、後はパリ凱旋門へと帰還するステージ21だけとなりました。

実質、最終ステージでは順位の変動はないので、昨日の20ステージでマイヨ・ジョーヌはフルームで確定ということになりました。

レース前の下馬評通り、フルームが圧倒的な力の差を見せつけて勝ったのが今回のツールドフランス2013で強く残った印象でした。

結果的にフルーム強しだったわけですが、去年のウィギンスと違って、フルーム自らアタックしたり、また、他チーム勢もフルームを脱落させるべく色々な攻撃を毎回のように仕掛けた上での結果だったので、レース観戦は楽しむことができました。

表彰台争いは最後で逆転という形になりましたし。

個人的には昨年よりも面白かったと思います。

で、レースを観戦して思ったのは機材の進化。

あれだけの規模で行われるロードレース、それに優勝するべく、選手のフィジカルの面だけでなく、機材の面においても各メーカーが毎年色々な研究・試行が行われ実践に投入されます。

それを選手が実際に走ってフィードバックを行い、市販化。それを数多くのホビーレーサーが購入することで、いい意味での機材の進化が起こっています。

翻って、小径自転車はどうかというと、ロードレースに比べると進化のスピードは恐ろしく遅い気がします。

その理由は上記に述べたように、ロードレースのようなレースが存在しないこと、それによって使用者がホビーレーサーに限られ、また小径車に乗る人自体少ないことで、メーカーも少ない。

その結果、競争が生まれず進化のサイクルが遅くなっていると思います。

小径車のブランドはR&Mとブロンプトン、DAHON、Tyrell、その他大手メーカーは片手間くらいしか手をかけていないですし、当然研究開発費も少ない。

そのような小径車ですが、小径車のプロレース開催は無理だとしても、より多くのホビーレーサーの方々が小径車に乗ることで市場が広がり、それに伴い進化のスピードも速くなってくることを期待したいです。


『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓

BMC 新型teammachine SLR01 が公開!!

自転車情報サイト「シクロワイアード」上で、BMCの新型teammachine SLR01について詳細な情報が掲載されていました。

フィリップ・ジルベール、カデル・エヴァンス、ティージェイ・ヴァンガーデレンの3選手が開発に協力して生まれた新型teammachine SLR01。

SLR01.jpg


「フレーム重量は54サイズで790g(塗装済み、シートクランプ、リアエンド、ヘッドセットなどスモールパーツ込みの数値)と、前モデルと比較し130g、14%もの軽量化を達成」とのことですが、剛性アップを図りつつのこの数値を達成したとのことでBMCの開発陣の心意気を感じる事ができます。

teammachine SLR01は、先日当ブログでも紹介したtimemachine TMR01が平地での高速巡航を主眼としたタイプであるのに対し、山岳で高速に走れるようにとの目的で作られたモデル。

TMR01も欲しいと思いましたが、今回のSLR01についても非常に心動かされます。

南仏で行われたプレゼンテーション 新teammachine SLR01初披露のとき

新型SLR01に投入されたテクノロジー マシンの詳細に迫る

南フランスの丘陵地帯を駆け抜ける 新型SLR01をテストライド




『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓

ツール・ド・スイス2013 雑感

ツールドスイス2013も昨日を終えてあと2レース。

昨日のレースは、私のよく行くエンガディン地方のLa Punt(ラプント)へゴールするレースでした。

最後の超級はアルブラ峠を超えるルート。

アルブラ峠を超えて10km下ればラプントです。ゴール手前2kmくらいでバルーンが道を塞いでしまうというアクシデントがありましたが、何とかくぐって事なきを得ましたね。

ヴァンガーデレンとダコスタが好調のようです。フランクもまだイエロージャージをキープ。

個人的に気になったのはアンディシュレックが超級の最後少し遅れましたが久しぶりに最後の方までトップ集団で登っていました。

久しくアンディの調子のいいところを見ていませんが、今年のツール・ド・フランスでの勇姿を期待したいです。


ちなみに、今回のアルブラ峠はいつか自分も登ってみたいルートです。アルブラ峠の近くにユリア峠(今日のステージで通ります)もありますが、同じく一度登ってみたいです。

ツールドスイスは終盤に差し掛かりましたが、優勝はまだまだ誰になるか分からないですね。

最後のTTは最後ヒルクライムなので山岳が得意な選手が有利になりそうです。

とすれば、ヴァンガーデレンかダコスタが有利になるのではないでしょうか。

マティアス・フランクはちょっと厳しいか。。



『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓
プロフィール

crow

Author:crow
主に都内、そして関東近郊・武甲州をBD-1でサイクリングしています。

2010年から旅行先まで電車・飛行機でBD-1を輪行して、旅先でポタリングもしています。

ヒルクライム(峠超え)もBD-1で楽しんでます。

2012年は遂に海外デビュー。これからも海外BD-1の旅を続けます。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。